地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、小城の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

小城の地域情報サイト「まいぷれ」

おすすめランチ小城

あつあつの石焼マジェンバ 『のだ萬』のランチ 【小城市】

小城市にある、老舗のレストランの『のだ萬』さん。気になる石焼マジェンバを頂いてきました

国道34号線沿いの「ここも旨い のだ萬」と書かれてある大きな看板が目印です。
何気に昔から見ていましたが、何か意味深な言葉。どんな心があるのかな?

 子供の頃から知っている「のだ萬」さん。しかし、まだ一度も行ったことがなく、昔から気になっていました。

今回、小城市のB級グルメのマジェンバを食べてみようと思い、それではと老舗の「のだ萬」さんに行ってきました。

 

ところで、マジェンバって、みなさん知っていますか?

 以下、小城市役所さんのホームページからの引用です。

 

マジェンバとは?

1、麺と食材を器の中でよく混ぜていただきます。

麺は県産小麦を使用した中華麺や、芦刈産の大豆「フクユタカ」から絞った豆乳をふんだんに練りこんだ豆乳麺、パスタ麺やちゃんぽん麺など、お店によっていろんな麺があり、トッピングされている具材もさまざまです。それらをよく混ぜてお召し上がりください。

 

2、小城市の豊かな土地で採れる自慢の食材が1つ以上使われています。

「マジェンバ」は玉ねぎ、アスパラガス、赤貝、海苔などお店ごとに オリジナリティー溢れる食材がトッピングされています。地産地消を推進するために、麺を含めその中で必ず1つ以上は小城産のものを使っています。

簡単に言えば、小城市の食材を使った麺類のことを、マジェンバと呼んでいるのかな。。

 

のだ萬さんのマジェンバは、石焼マジェンバみたい。はたしてどんな物なのだろう?

意気揚々と店内に入るも、メニューのどこを見ても、目当てのマジェンバが見当たりません。

仕方なく店員さんに尋ねたら「ありますよ~」との事でした。どうも裏メニュー扱いになっているようでした。

■ 石焼マジェンバ ¥780

しばらく待つと、石焼鍋で焼かれる激しい音と、美味しそうな匂いを廻りにアピールしながら「マジェンバ」がやってきました。

たれを廻しかけて、卵の黄身を潰しながら混ぜ混ぜ。石焼鍋なんで♪

例えるなら、ビビンバのうどん麺バージョンって言えばいいのかな?

焼肉も柔らくてジューシーでした。

 

食後のコーヒーが150円?(要確認)で飲めるので、時間が有るときはゆくっりしたいですね。また、無料Wi-Fiが使えるので、ポイント高いです!

割りばし袋に書いてあった文面。

あの世にないのなら、この世で食べておかないとだめですね!

座敷 個室 駐車場 Wi-Fi
×
店名 のだ萬
住所 小城市牛津町上砥川63−2
電話番号 0952-66-0881
営業時間 10:00~翌2:00
定休日 水曜

この記事に関するキーワード